離婚調停を行うことの意義とはどんなことかの解説

離婚調停とは、夫婦間での離婚などの話し合いが出来ない時や、上手く進まない時に裁判所に間に入ってもらい、離婚をするかどうかや離婚する時の条件などを話し合う手続きのことを言います。正式には夫婦関係調整調停といい、離婚しようとする場合のみでなく、夫婦円満を目指すために調停を申し立てることもあります。自分たちだけで解決できない場合には、時間ばかりがかかってしまい、解決できなくなることが多いです。多少の費用がかかっても、なるべく時間をかけずに解決したいと考えるならば、離婚調停を利用するのも1つの手段として利用することも検討してもいいのではないでしょうか。弁護士に依頼せずに自分で申立てをすることも可能なため、なるべく早急に精神的負担を軽くすることもできるでしょう。

離婚調停による離婚手続きのメリットとは

当事者同士の話し合いなどによる協議離婚と違い、取り決めた内容が、調停調書という書面によって残されるため、強制執行の効力を得ることが出来ます。調停調書に記載されていることは、法的に遵守されなくてはいけないのです。例えば、慰謝料の金額や支払い方法、子どもなどの養育費などの金銭的なものを滞納したならば、相手の生活状況などは考慮されることなく、強制執行手続きを取ることが可能となります。そのため、財産や給与などの差し押さえが出来ます。協議離婚でも公正証書を作成することがありますが、調停調書には公正証書にはない履行勧告があるため、このような手段をとることが出来るのです。金銭的な面で話し合いがこじれている場合には、離婚調停は大変効果的なことといえるでしょう。

どのくらいの費用が必要になるのか

調停費用と聞くと、とりあえず弁護士に依頼することを考えるのが普通でしょう。そのため、かなり高い費用が掛かってしまいそうなイメージを抱きがちです。しかし、わざわざ弁護士に依頼しなくても自力で調停をおこなうことも可能なのです。その場合には使用する印紙や切手などの直接費用2,000円程度の出費で済ますことが出来ます。他には、裁判所へ行くまでの交通費が必要ですが、工夫次第では全く交通費が掛からないようにすることもできるでしょう。しかし、自分1人で戦うことを躊躇する方は、やはり弁護士に依頼するのがいいでしょう。弁護士費用として大体100万円程度を念頭においておくといいでしょう。調停で勝った場合には、相手に弁護士費用を負担してもらうこともできるので、ケースバイケースとなるでしょう。